ペット・動物・犬2ページ:相互リンクもっとアクセスアップ

登録サイト募集中


サイト情報

  • 本ページのGOOGLE PAGERANKは
  • GRATS SEARCH

ペット・動物・犬:サブページ

カテゴリー

ペット・動物・犬登録サイト一覧

 このページは、相互リンクもっとアクセスアップのペット・動物・犬カテゴリ(2)ページです。ペット・動物・犬(2)ページに登録していただきまして誠にありがとうございます。登録サイト様のアクセスアップ・ページランクアップをお祈りしています。

 当サイトでは、登録サイト様リンク設置ページのグーグルページランク(Google PageRank)を参考に、発リンク数が少ない順等・独自の評価方法により掲載順を決めています。

 尚、相互リンクもっとアクセスアップは、当サイトの内容若しくは使用にかかわる一切の損害について責任を負うことが出来ません。

この続きはペット・動物・犬:3ページで表示しています。
この続きはペット・動物・犬:3ページで表示しています。

 キャットフード:自家製の飼料を与えている飼い主もいる。既製品では安全なメーカであっても原料が汚染されていた、と後からわかることもあり、どんなに安全といっても自らが製造を見たわけではない。自らが材料を探し、作る手作りは究極の手段とも言える。調理済みの肉や生肉、粉砕骨、野菜ピューレに添加物としてタウリン、その他ビタミン剤を加えている。本来、猫は生肉に含まれる多くの細菌に対して抵抗力があるが、肉には寄生虫その他病原体が含まれることがあり、そのため一旦凍結させてから用いることがある(訳注:寄生虫の成体、卵は冷凍によって破壊される。)。添加するビタミン剤として、人間用のものを用いる場合と、猫専用のものを用いる場合とがある。獣医師は自家製飼料に消化酵素を添加することを勧める場合がある。このような自家製飼料に類似した生食を、パッケージにして販売する業者もある。パック入り飼料は冷凍保存し、必要な部分だけ解凍して与えるのが普通である。手作りを支援する会社もあり、例としてオーストラリア等ではカンガルー肉のパックなど手作り関係も充実してきている。「キャットフード」出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』( 2012年12月5日 (水) 08:24 )

このページの先頭へ